協議会概要

「大麦食品推進協議会」は国民の健康増進を目指します

~内外において大麦の機能性が高く評価~

「大麦食品推進協議会」は平成17年(2005年)7月に大麦食品に関係する企業や団体が、「大麦食品の普及によって、国民の健康増進に寄与すること」を目的として設立いたしました。10年以上にわたる活動を通じて、大麦食品に対する理解が深まり、消費も拡大してまいりました。また、米国をはじめとして海外においても大麦食品に対する健康強調表示が各国の制度に基づいて認められるようになりました。

当協議会では平成25年3月、第三者機関(公益財団法人 日本健康・栄養食品協会)による大麦食品の機能性に対する調査結果では高い評価を受けました。その後、わが国でも平成27年4月より機能性表示食品制度が発足し、当協議会の会員も申請をし、受理されました。

こうした内外の大麦食品に対する高い評価は、医療関係者や農業研究者からも得られています。マスコミも注目し、また、消費者の間にも広がっています。さらに農林水産省では機能性食品に対する研究対象として大麦も取り上げられ、高い評価が公表されています。

当協議会では、大麦の機能性に関する調査研究を深め、各会員企業では大麦を使った食品の開発にも意欲的に取組んでいます。私たちは会員の全知を傾けて、日本人の食生活改善とそれによって健康状態の改善に寄与したいと考えています。本ホームページを通じて皆様の大麦食品に対する理解が深まりますことを期待しております。

正式名称

  • 大麦食品推進協議会

発足年月日

  • 平成17年7月8日(金)

目的

  • 大麦食品の普及による国民の健康増進に寄与するための会員相互の情報交換、生活者に対する適切な普及・啓蒙活動。

活動内容

  • (1)大麦に関する商品化促進研究

    ・大麦の健康効果と機能性成分研究

    ・大麦の加工技術研究、品種の開発 等

  • (2)大麦に関する情報交換の推進

    ・関連技術の具体的取組み

    ・先進事例、国際的な動向 等

  • (3)大麦の普及・啓発

    ・大麦シンポジウム開催

    ・専門家・生活者向け情報発信

会員団体・企業

(1)会長 大妻女子大学 青江誠一郎教授

(2)会員企業 ※順不同

  • (正会員)

    • 株式会社勅使川原精麦所
    • 日本精麦株式会社
    • 濱田精麦株式会社
    • 阿部精麦株式会社
    • 株式会社はくばく
    • 永倉精麦株式会社
    • 福玉米粒麦株式会社
    • 豊橋糧食工業株式会社
    • ミエハク工業株式会社
    • 築野食品工業株式会社
    • 山陽精麦株式会社
    • 株式会社高畑精麦
    • 合音精麦株式会社
    • 鳥越製粉株式会社
    • 石橋工業株式会社
    • 松尾精麦株式会社
    • 有限会社伊東精麦所
    • 西田精麦株式会社
    • 竹之内穀類産業株式会社
    • 群栄化学工業株式会社
    • 株式会社大麦工房ロア
    • 株式会社ADEKA
    • アメリカ穀物協会
    • 株式会社大麦倶楽部
    • 大塚製薬株式会社
    • 大塚食品株式会社
    • 株式会社幸田商店
    • 株式会社ニチレイフーズ
    • 昭和産業株式会社 基盤技術研究所
    • みたけ食品工業株式会社
    • 株式会社もちむぎ食品センター
    • タイガー魔法瓶株式会社
    • 株式会社マエダ
    • 帝人株式会社 新事業推進本部
    • 日本食品製造合資会社
    • ベストアメニティ株式会社
    • 菊屋株式会社
    • 全国精麦工業協同組合連合会
    • (賛助会員)
    • 株式会社ぐらんふぁーむ
    • 株式会社プレシード
    • 一般社団法人日本雑穀協会
    • 株式会社マルヤナギ小倉屋
    • お好みフーズ株式会社

PICK-UP

  • 大麦サポーターズ 大麦サポーターズ

    様々な分野から大麦ライフを応援する人々が集結した
    「大麦サポーターズ」

  • 大麦探検島 大麦探検島

    大麦に関する詳しい情報や豆知識など、楽しく学べる
    「大麦探検島」

  • 大麦亭
  • 高β-グルカン大麦利用連絡会