大麦食品推進協議会
HOME
大麦食品協議会とは?
大麦で生活習慣病を予防しよう!
トピックス
リンク集
お問い合わせ
大麦探検島
個人情報保護方針
バーレイくんプロフィール
バーレイくん
大麦で生活習慣病を予防しよう!
 
大麦でメタボも解消!

大麦は生活習慣病予防の決め手
 大麦はかっては麦飯や麦こがしとして普通に食べられてきましたが、その消費量が次第に減ってきました。ところが最近大麦には生活習慣病予防の効果が強いことが世界的に注目されるようになってきました。私たち大麦食品推進協議会では、皆さんに大麦の良さをお伝えして、健康の維持増進にご利用いただけることを願っています。
  まず、大麦の健康維持増進:とりわけ生活習慣病予防における有効性の概略についてまとめました。これらはアメリカやヨーロッパの研究者や日本の研究者による学術論文として発表されていますので、その内容をさらに詳細にお知りになりたい方は、「さらに詳細」をクリックしていただければ、分かるようにしました。
さらに詳細 >>

 

大麦の生活習慣病予防の効果
大麦は、学術的な研究から次のような生活習慣病予防が期待できます。

1.大麦で血中コレステロールが下がる

血中コレステロールが高めの方が大麦を継続的に食べると、血中総コレステロールとLDL-コレステロール(悪玉コレステロール)が下がります。麦飯だけではなく、海外ではシリアルなどに加工されたものでも有効です。
さらに詳細 >>

2.麦飯食べてメタボ解消
5割麦飯を12週間継続して摂取すると、精白米に比べて内臓脂肪(腹部脂肪)、体重、お腹周り、体格指数(BMI)が低下しました。
さらに詳細 >>

3.大麦で糖尿病予防
大麦は食べた後は、消化されると血液中にブドウ糖として吸収されていきます。これは食後血糖といいますが、大麦は他の穀類に比べて食後血糖値が低くなります。また、糖尿病患者が麦飯を摂取すると、血糖値が改善します。
さらに詳細 >>

4.大麦の力の秘密:食物繊維(β-グルカン)
大麦の生活習慣病予防の効果は、大麦の粒の中に食物繊維を豊富に含むことによります。とくに食物繊維の一種であるβ(ベータ)-グルカンがコレステロールを下げたり、血糖値を上げないという作用が強いためです。こうした作用がメタボにも効果がでるものと考えられます。
さらに詳細 >>

5.大麦の効果はこれだけではないよ!
大麦は食物繊維が豊富に含んでいますので、排便量増加、腸内細菌叢の改善、最近の新しい研究では免疫機能の改善などが期待できます。
さらに詳細 >>

6.日本人は食物繊維が足りないよ!
日本人の食物繊維摂取量は世界的にみても不足しています。とくに若い世代の摂取量の不足が目立っています。若い女性や子どもたちに便秘が多いのは食物繊維の不足が大きな原因です。食物繊維が不足している人たちではビタミンやミネラルの不足もみられます。
さらに詳細 >>

 
  大麦食品推進協議会 
  © Copyright 2005 Council of Japan Barley Foods Promotion All rights reserved.