大麦食品推進協議会
HOME
大麦食品協議会とは?
大麦で生活習慣病を予防しよう!
トピックス
リンク集
お問い合わせ
大麦探検島
個人情報保護方針
バーレイくんプロフィール
バーレイくん
大麦で生活習慣病を予防しよう!
 

2.麦飯食べてメタボ解消

 2008年春からわが国では健康診断にメタボリックシンドロームが加えられました。最近の調査では40歳以上の男性では約25%がメタボリックシンドローム、予備軍を加えると50%にも及びます。メタボリックシンドロームは腹部に余分な脂肪が蓄積した状態に加えて、血中脂肪、血糖値、高血圧が重なると、重篤化しやすいことが明らかにされています。すなわち、メタボリックシンドロームの人は生活習慣病になりやすい事になります。
  私たちは対象者を2群に分けて、麦飯と精白米を1日2回、12週間摂取させて、体重、BMI、腹囲、腹部脂肪量を測定しました。腹部脂肪はCTスキャンで測定しています。その結果、いずれの項目も麦飯群が有意に低下しました。これらの結果は図1,2,3,4に示しました。
  対象者は大麦を摂取したことにより、食物繊維の摂取量が麦飯群で多くなりますが、その他の栄養素の摂取量には差がありませんでした。したがって、メタボ解消は麦飯を摂取したことによるものです。

 
     
 


<< 大麦で生活習慣病を予防しよう! トップへ 次へ >>
 
 
  大麦食品推進協議会 
  © Copyright 2005 Council of Japan Barley Foods Promotion All rights reserved.