大麦たべて、すこやかファミリー 大麦食品推進協議会

トピックス

  • PR情報
  • 大麦イベント情報
  • 協議会会員情報
  • 大麦の健康最新情報

大麦イベント情報

2008.09.26

『第15回 国際栄養士会議』 出展レポートをアップしました

パシフィコ横浜で開催された国際栄養士会議に出展しました


健康素材としての大麦食品をアピール

大麦食品推進協議会は、9月8日から~10日まで、パシフィコ横浜で開催された、「国際栄養士会議」に出展しました。国際栄養士会議は、国際栄養士連盟により4年に一度開催されている国際会議です。この会議は、各国の栄養士および栄養学者が参集し、栄養問題、栄養政策、栄養教育および栄養士活動などに関して研究発表・意見交換する場として、1952年にオランダで第1回会議が開催されて以来、今回で15回目を迎えます。今回も、さまざまな国から多数の参加者が集まりました。国際会議への出展は、協議会として始めての取り組みですが、日本における大麦食品の消費のみならず、最新の研究成果に基づく大麦食品の健康価値など、健康素材としての大麦をアピールすることができました。


栄養士や栄養に関心の高い参加者へ直接アピール
協議会の展示ブースでは、FDAが大麦の健康強調表示を認めた背景や、大麦食品に関する最新の試験データなどのパネル展示を行いました。
国際栄養士会議に参加される方は栄養のプロばかりで、大麦食品や大麦食品の利用について、具体的かつ詳細なご意見、ご提案を多数いただきました。協議会としても、大麦食品を実際利用されている方、これから利用していただける方に対して、大麦食品の優れた健康効果を直接アピールすることができ、非常に有意義な展示会であったと考えております。
また、協議会会員企業の大麦食品製品を展示し、商談の機会としました。3日間で用意した各社の大麦食品のサンプルも予定数を全て配布しました。協議会展示ブースへご来場頂きました、多数のお客様に、改めて御礼申し上げます。


展示パネル資料へのリンク

バーレイくんのパネルが登場
協議会のマスコット「バーレイくん」。協議会は、今年より「バーレイくん」を積極的に活用することとしておりますが、今回の展示会におきまして、バーレイくんのパネルを登場させました。大麦食品を身近なものとして感じていただけるよう、協議会は「バーレイくん」を積極的に活用していきます。皆様も「バーレイくん」を見かけましたら、大麦食品を思い出してください。

予算の都合もあり、大手メーカーのような派手なブースは作れませんでしたが、多数のお客様に、ご来場、ご見学頂くことができました。大麦食品の良さをアピールできたことはもちろんですが、大麦食品をご利用されているお客様から色々なご意見をいただくことにより、協議会も大麦食品の良さを再認識をすることができました。
大麦食品推進協議会は、今後もこのような展示会に積極的に参加していきたいと考えております。皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

ページtopへ