大麦たべて、すこやかファミリー 大麦食品推進協議会

トピックス

  • PR情報
  • 大麦イベント情報
  • 協議会会員情報
  • 大麦の健康最新情報

大麦イベント情報

2017.10.26

『第15回大麦食品シンポジウム』開催レポートをアップしました

第15 大麦食品シンポジウム                                 『今、学びなおす大麦の魅力』                                    ~(公社)日本栄養士会後援~ を開催しました 

大麦食品推進協議会では、平成2910月21()に恵比寿ガーデンプレイス内サッポロビール株式会社本社講堂で、第15回大麦食品シンポジウムを開催しました。

今年で15回目の開催となる「大麦食品シンポジウム」では、おいしさと高い健康増進効果で今注目されている大麦食品の正しい健康価値をお伝えすることを目的として、大麦の基礎知識や機能性等について、また会員企業の活動やさまざまな大麦商品等、最新情報を多面的にご紹介致しましたので、開催内容についてご報告いたします。

当会では、大麦食品の良さを皆様にお伝えするイベントを、今後も引き続き開催してまいります。 

開催プログラム

■日 時: 平成2910月21日(土)

        1330分~1650


■会 場: 恵比寿ガーデンプレイス内

        サッポロビール株式会社本社講堂


■参加者: 110



■内 容


Ⅰ.開会挨拶(13:30~13:40)

 大麦食品推進協議会 副会長・㈱はくばく 代表取締役社長の長澤重俊より、講演に先立ち開会の挨拶をいただきました。


Ⅱ.講演 
 1-1. 講演(13:40~14:10)
 
テーマ:大麦の機能性の魅力
 演 者:大品推進協議会会長

      大妻女子大学名誉教授 池上 幸江   

 食物繊維の定義から大麦の機能性等について、生活習慣病を予防する可能性がある大麦の魅力をご紹介いただきました。            


1-2. 講演(14:10~14:50)
 
テーマ: 広がる国産大麦の魅力 ~“もち麦”を中心として~
 演 者 : 国立研究開発法人 農研機構
      西日本農業研究センター 四国研究拠点
     作物開発利用研究領域 畑作物育種グループ
        (裸麦育種担当) 吉岡 藤治

 国内でこれまでに育成されたもち麦や最近育成されたもち麦、育成中のもち麦品種について、キラリモチの作付状況、各地の大麦普及活動状況を紹介いただきました。


休憩 :会員企業の商品展示等(15:00~15:10)

 エレベーターホールにおいて会員企業の製品展示と会場内において大麦パンの試食を行いました。



2. 会員企業の機能性表示食品の商品紹介(15:10~15:40)

 機能性表示食品の届出が受理されている会員企業6社(大塚製薬、はくばく、永倉精麦、マルヤナギ小倉屋、豊橋糧食工業、昭和産業)より各社が販売する大麦食品の機能性表示食品をPRしました。


3. 協議会部会活動紹介(15:40~15:50)

 大麦食品推進協議会の内部に設置されている技術部会・広報部会の活動について紹介しました。



休憩 :会員企業の商品展示等(15:50~16:10) 

 再度、エレベーターホールにおいて会員企業の製品展示と会場内において大麦パンの試食を行いました。


4. パネルディスカッション(16:10~16:50)

テーマ:大麦の魅力について

コーディネーター:
日経BP総研マーケティング戦略研究所 主席研究員 西沢 邦浩 

ゲストパネリスト:
浜内 千波(ファミリークッキングスクール 料理研究家)

パネリスト:
池上 幸江(大麦食品推進協議会会長)
吉岡 藤治(農研機構 西日本農業研究センター)


 「大麦の魅力」をテーマに、コーディネーターの西沢氏の進行によりパネルディスカッションが行われました。ゲストパネリストの浜内先生からは、病院給食における大麦の活用事例や新しい大麦の活用メニュー、青森県弘前市の取組事例を紹介いただきました。


 Ⅲ.閉会(16:50)


池上会長
吉岡先生
展示スペース
試食スペース
パネルディスカッション①
パネルディスカッション②
ページtopへ